アプリケーション事例【ディープラーニング画像解析ソフトNAIT】

こちらではさらにわかりやすく、その他のアプリケーション事例を掲載しています。

目次

食肉の等級検査

食肉の肉質等級には「脂肪交雑(霜降りの度合い)」「光沢」「肉の締まりやキメ」「脂肪の色沢と質」という5段階で判定されています。しかし、等級判断は検査員の見た目で決められます。また、検査員の育成も時間がかかります。

NAITは、実際の人間による検査では難しい判断や検査員ごとのばらつきをなくし、検査の一貫性を保つことができます。検査員の見た目検査を自動化することにより、旨味成分などの脂質測定検査などに注力することができます。

侵入者の検出

NAITによる侵入者の検出への応用事例です。

異物混入の検査

NAITによる異物混入の検査への応用事例です。

食品の形状検査

NAITによる食品の形状検査への応用事例です。

ロボティクス/じゃんけん

NAITによるじゃんけんの手の判別事例です。

具材の有無の調査

NAITによる具材の有無の検査への応用事例です。

食品への毛髪混入検査

NAITによる食品への毛髪混入検査の応用事例です。

冷凍食品の検査

NAITによる冷凍食品の検査への応用事例です。

細胞数のカウント

NAITによる細胞数のカウントを行った応用事例です。

作物の植物病診断

NAITによる作物の植物病診断への応用事例です。

飲料容器の検査

NAITによる飲料容器の検査装置への応用事例です。

皮革製品の検査

NAITによる皮革製品の検査装置への応用事例です。

目次
閉じる