CCD・CMOSカメラ、エリアカメラ・ラインセンサ等画像機器

【サーモグラフィ】 赤外線カメラ(MWIR) Teledyne FLIR A675Xシリーズ

【メーカー】
【型番】 Teledyne FLIR A6750/A6751/A6752/A6753
この製品をお問い合わせ

Teledyne FLIR A675Xシリーズ (Teledyne FLIR A6750/A6751/A6752/A6753)は、高温度分解能、高空間分解能、高シャッタースピード、高フレームレートが必要とされるシーン、分野に最適な中赤外線のサーモグラフィカメラです。
Teledyne FLIR A675Xは、3~5ミクロン(または1~5ミクロン)の波長帯で動作するFLIR冷却型インジウムアンチモン(InSb)検出素子を搭載しております。
解像度640×512ピクセルの鮮明な赤外線画像を生成し、温度分解能は0.02または0.25℃未満と高精度で、極めて微細なディテールまで捉えることができます。

 

[仕様]
イメージセンサー インジウムアンチモン(InSb)
素子ピッチ 15µm
スペクトル波長 3~5μmまたは1~5μm
解像度 640 x 512 pixel
視野角(FOV) 2.75°/5.5°/10.97°/21.74°/31.53°
フレームレート プログラム可能、0.0015~125Hz
対象温度範囲 -20~+300°C (高温オプションあり)
温度分解能 <25mKまたは<20mK
【特徴】 ・容易に統合
 赤外線カメラTeledyne FLIR A675Xは、さまざまな要件を有する各種用途のハウジングに容易に統合できます。

・冷却型検出器により、わずかな温度差も可視化
 Teledyne FLIR A675Xには、冷却型アンチモン化インジウム(InSb)検出器が搭載されており、
 640 x 512ピクセルのクリアな赤外線画像を生成することで細かなディテールを確認することができます。
 画素数が多いほど視野角も広がるため、 より大きな設備をモニタリングできます。
 
・簡単制御
 どのモデルもすべて、安全な距離から簡単に制御できます。
 イーサネット経由での制御も可能です。
 Teledyne FLIR A675Xは、GigE Vision/GenICam™に対応しています。

・利用可能なレンズ
 Teledyne FLIR A675Xは、25mm、50mm、または100mmレンズ等に対応しております。
 長いレンズでは視野角が狭くなるため、より遠くから細部を確認できるようになります。

資料
Teledyne FLIR A675X カタログ 現在準備中です。
研究開発向け赤外線カメラ総合カタログ ダウンロード(PDF)
Teledyne FLIR A675X マニュアル ダウンロード(PDF)
ページの先頭へ