CCD・CMOSカメラ、エリアカメラ・ラインセンサ等画像機器

【NAIT】AI検査事例:食肉の等級検査

【メーカー】
この製品をお問い合わせ

食肉の肉質等級には「脂肪交雑(霜降りの度合い)」「光沢」「肉の締まりやキメ」「脂肪の色沢と質」という5段階で判定されています。しかし、等級判断は検査員の見た目で決められます。また、検査員の育成も時間がかかります。
NAITは、実際の人間による検査では難しい判断や検査員ごとのばらつきをなくし、検査の一貫性を保つことができます。
検査員の見た目検査を自動化することにより、旨味成分などの脂質測定検査などに注力することができます。

ページの先頭へ