画像機器
製品詳細

【IO industries】

高速レコーディングサーバー「CORE2MAXServer」

[型番] CORE2xxMAXSERVER

→メーカーホームページへ この製品についてお問い合わせする

CORE2 MAX Server(コアツーマックス サーバー)は、高速レコーダCORE2MAXにコントロールPCを統合した画期的なワンストップソリューションを提供します。
 ネットワーク経由でのリモートコントロールも可能なストリーミング機能を搭載しており、最大4台のカメラからの非圧縮画像を、高速かつ確実に保存します。保存中の画像は、3G/HD-SDI出力よりリアルタイムにモニタリングすることも可能です。
 産業用DVRのグローバルリーディングカンパニーとして培われた独自技術による精確なタイムスタンプ機能により、IRIG入力やGPS情報等と紐付けた画像保存が可能です。
<アプリケーション例>
モーションキャプチャ、自動運転、流速解析(PIV/PTV)、ボリュメトリック画像、航空・防衛、スポーツ解析

[仕様]
プロセッサー Intel Core i7 (クアッドコア)
RAM 16MB DDR4
ビデオカード Intel HDグラフィックス
(DisplayPort/HDMI/DVI-I)
SSD(OS用デフォルト) 240GB
OS Windows10
光学ドライブ Blu-Ray/DVD
SSDトレイ 4x 2.5”SATAリムーバブルトレイ
(オプション)画像保存用SSD 最大22.5TB
寸法 409x434x86mm
重量 約9.6kg※SSDを除く
電源 100-240VAC、50/60Hz、約150W
動作温度 0~45℃
保存温度 -20~60℃
型式 CameraLink:CORE2CLMAXSERVER
CoaXPress:CORE2CXMAXSERVER
SDI:CORE2SDIMAXSERVER
 (オプション) -R:H.264ネットワークリモートコントロール
 (オプション) -G[xx]:GPSレシーバ
カタログ ダウンロード(PDF)
マニュアル ダウンロード(PDF)
【特徴】●遠隔ストリーミング
●カメラ4台の非圧縮画像を高速保存
●カメラ4台の精確な同期
●精確なタイムスタンプ機能
●SDI出力のモニタリング機能
●GPSレシーバ・オプション
●最大容量22.5TBのSSDオプション
●CORE2本体の複数台拡張を標準サポート