CCD・CMOSカメラ、エリアカメラ・ラインセンサ等画像機器

変電所モニタリングで活躍する 赤外線カメラ

【FLIR社「アプリケーションストーリー」文書より】
電力業界では、インフラ設備の老朽化などによる停電や電圧降下のリスク増大に直面しています。電圧降下とは供給電圧が大きく低下する現象で、電灯が薄暗くなることからブラウンアウトとも呼ばれています。電力業界はそのほかにも、予定外のメンテナンス作業によるコスト増や原料高騰などの問題も抱えています。
電力業界は、こうした問題に対処し、コスト削減と電力の安定供給の両立を図るための方法を模索しています。
フリアーシステムズの赤外線カメラと自動化ソフトウェアを使えば、24時間体制の遠隔監視より、機器の故障や事故が起きる前に、問題を早期発見できます。これにより、電力供給の安定化とコスト削減が実現します。

ページの先頭へ