赤外線製品

アプリケーション事例【赤外線・X線・高感度カメラ】

FLIR社赤外線カメラ搭載ドローンにより、太陽光パネル検診効率化

AS FLIR-FEATURED Drone A65_2
PDFファイルを開く

ニンバス社 サーマルキットには、FLIR 社Ax5 シリーズ赤外線カメラが搭載されており、イタリアのミラノ工科大学のエネルギー研究テストに使用されました。

無人飛行機(UAV)への搭載事例(文書)

UAV_Caption
PDFファイルを開く

無人航空機(Unmanned Aerial Vehicle、略称UAV)というと軍事を思い浮かべる方も多いと思います。が、UAVは戦争だけに用いられるのではありません。ドイツのUAVメーカであるCoptersale.de社はUAVの商用利用をFLIR社のTauというサーマルイメージングで実現しています。

Tauはコンパクトで軽量、低消費電力であり、UAVへの搭載には最適です。Coptersale.de社のヨハネ・テオ氏は次のように述べています。「Tauに匹敵するようなサイズ、重さ、消費電力、画像処理性能を持った製品は、市場にはありませんでした。」