【DALSA】アプリケーション事例

自動車製造向けマシンビジョン

app_auto
PDF文書ファイルを開く

自動車製造の様々な工程にマシンビジョンシステムは広く用いられている。例えば、
・ロボットの操作、
・部品の追跡、
・組立の各工程別検証(ケーブルアセンブリの設置位置、ベアリングの歯数確認、マーキング読み取り、)など。
大量生産に必要な検査速度と、車種や工法の違いから発生する組立や検査方法への対応の両方を実現している。詳細は、PDF文書をお読みください。

食品およびパッケージ検査

app_td_food
PDF文書ファイルを開く

食品検査やパッケージング検査は、人体への安全を守るうえでも重要な役割を果たしている。
・医薬品の処方のOCRによる読み取り、
・封入前の瓶の汚れ検査
・異物検査、
・バーコードやラベル読み取り、
・色による状態検査(熟し具合、調理済かどうか、など)
詳細は、PDF文書をお読みください。

電子機器の検査および検証

app_td_elect
PDF文書ファイルを開く

日に日に小さくなる電子部品の検査に、マシンビジョンカメラは有効である。
・ケーブルアセンブリ検証
・コネクタの印字方向の検証
・回転基板の向き決定(ロボットピッキング用)
詳細は、PDF文書をお読みください。

フラットパネルディスプレイの検査

ダルサ事例 FPD工程 アイコン画像
PDF文書ファイルを開く

次世代のフラットパネルディスプレイは高密度であり、高解像度と高感度が検査画像において要求される。
・レイヤー検査(ディスプレイ内のガラス、半導体、金属、偏光フ
ィルムなどの識別)
・有機ELの検査(高密度)
・不均一な照度(ムラ)の検査
これらの検査にはテラダインダルサ社のラインスキャンカメラとTDIカメラが使われている。詳細は、PDF文書をお読みください。

製品の印刷検査

app_td_print
PDF文書ファイルを開く

紙から段ボール、プラスチック、金属などで出来たシートやロールの形状になっている印刷物の検査はラインスキャンカメラを用いる。ロールの動く方向に提供される画素の数に、制限がなくなる。

詳しくは、PDF文書をお読みください。

半導体検査

app_td_semi
PDF文書ファイルを開く

半導体製造において、歩留りはコストに直結します。そのため、歩留りの制約となる欠陥を捕捉しつつ、検査時間を短縮することが重要です。よって、高速かつ高感度での検査が求められます。テラダインダルサ社の高解像度エリアカメラおよび高感度TDI方式ラインカメラは、このような検査に有益です。

詳しくは、PDF文書をお読みください。