画像機器

キャリブレーションツール

キャリブレーションとはカメラレンズ、カメラポジショニングなどの要因で起こる
幾何学的な歪みを補正する機能です。

キャリブレーションツールの主な特徴
・遠近、放射状、複合要素の歪みの補正
・自動キャリブレーション
・サポートターゲット:格子板、ラインまたはどっとの格子、ランダムに定義されたポイント
・ターゲットの変化を自動検出
(ブラック/ホワイト、ホワイト/ブラック、ローテーション、スケーリング、格子サイズ、セルスペース)
・近似ターゲットによる補正補助
・手動キャリブレーション(正確な画像とワールドグリッド)
・フルイメージ、シングルポイント、ポイントのベクトルの復元
・フォアワード(イメージからワールド)またはリバース(ワールドからイメージ)復元

遠近、放射状、複合要素の歪みの補正
1.歪んだオリジナル画像 2.キャリブレーション後の画像
1.歪んだオリジナル画像 2.キャリブレーション後の画像
サポートターゲット:格子板、ラインまたはドットの格子、ランダムに定義されたポイント
格子点のセンターがXとYの両方で距離が等しいので、このパターンは良い例になります。 格子点のセンターがXとYの両方で同じ等しくないので、このパターンは悪い例になります。
対応パターンイメージ
格子点のセンターがXとYの両方で距離が等しいので、このパターンは良い例になります。
黒背景のホワイトスポット 白背景のブラックスポット
黒背景画面のホワイトライン 白背景画面のブラックライン
格子パターンの最小サイズ

«カラーツールはこちら     画像処理ソフトTOPはこちら»