CCD・CMOSカメラ、エリアカメラ・ラインセンサ等画像機器

【HANABI-S1020】自動染色体エージング染色機

【メーカー】
【型番】 HANABI-S1020
この製品をお問い合わせ

自動染色体エージング染色機は、G分染法を用いた染色体解析の前処理であるエージング工程及び染色工程を自動的に実行するための装置です。染色体が展開されたメタフェーズ標本のスライドグラスを本装置へセットすることにより、染色体標本スライドのエージング処理及び染色処理を自動的に実施します。通常、2~3日の静置を要するエージング工程を、独自の手法による約30秒の処理によって実施するため、ルーチン作業の効率を飛躍的に高めることができます。1回の動作で最大20枚のスライドグラスを約30分で処理することができますが、装置動作中も新たなスライドグラスをセットすることができるため、高い処理能力を有しております。

 

[特長]
■ 時間を要するエージング工程を短時間の処理で実現
■ 煩雑な染色工程を全自動化
■ 20枚のスライドを約30分で処理
■ テストモードを搭載
■ 卓上型で省スペース
■ 試薬低減のためのエコモードを搭載
■ 最大6プロトコル設定可

ページの先頭へ